2011年03月23日

本の空気

先日6次元さんに本を持って行ってきました。
店内にあふれる、たくさんの本。
どの本からも持ち主の方の思いがあふれているようで、店内はあたたかい雰囲気でいっぱいでした。
私は今はもう廃刊となった素晴らしき雑誌「太陽」の赤瀬川源平さん特集と小説を数冊購入いたしました。
昔から赤瀬川さんの大ファンで、太陽のこの号も持っていたはずなのですが、いつの間にか見当たらなくなってしまっていたので、見つけたときは「!」としました。
本を持って行き、本を持って帰る。
シンプルだけど、深いです。
まだまだ開催中なので、ご興味ある方、ぜひ本を抱えて荻窪へ!


110323-2.jpg


by ◎◎◎

posted by 水縞 at 13:17| Comment(0) | 進行中のもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

みずごま展

「Gomaと水縞のラッピング委員会」展、準備が進んでおります。

今日の打合せ後ランチは「とんかつ」!
タイ料理→ルーマニア料理→と続き、ここらで日本料理ってことで〜。
美味しいもの好きが集まると打合せも楽しいですねー。

で、肝心の展示会準備の方はというと、今日はギャラリーの下見に行きました。

100405.jpg
左から:水・水・ゴ・ゴ・ゴ

会場の飾り付けをゴマが担当するので、可愛いこと間違いなし!
商品も少しずつできてきました。

とても楽しみですー。

posted by 水縞 at 20:12| Comment(0) | 進行中のもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

Gomaと水縞 2

「Gomaと水縞のラッピング委員会」展のお知らせです。

早速、Gomaさんらしいサスガのデザインが続々あがっておりますよ〜。企画の段階で、すでに欲しい…。
Gomaさんから湧き出てくるアイデアやセンスに目を輝かせている水縞であります。コラボならではのシブキュートな商品をお楽しみに!

KC3B0009.jpg

引っ越ししたばかりのGomaさんのNEWアトリエにて、
なにやら皆でコネコネしております。

KC3B0012.jpg

前回はタイ料理。今回の打ち合わせ後のランチはルーマニア料理。
う〜ん、美味。次はロシア料理希望〜。


:::::::::::::::::::::

「Gomaと水縞のラッピング委員会」展
日程:2010/5/19〜25
場所:ギャラリー re:tail(吉祥寺)


posted by 水縞 at 02:14| Comment(0) | 進行中のもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

タイに行ってきました

こんにちは。◎◎◎です。

4日ほどタイに行ってきました。
水縞のあたらしいプロジェクトの打合せです。

いったい何の打合せかと言いますと、なんとタイのブランドとのコラボなのです!
かねてより大ファンだった「バニラインダストリー」というブランドで、バンコクに4ヶ所のカフェがあります。

091204-2.jpg

床の縞々がかっこいい!他のお店もそれぞれ素敵なのですが、私はここの床と天井が大好きです。
水玉と縞々のモチーフも多く使われ、クールさと甘さのバランスが絶妙。
バニラさんはカフェの他にオリジナルの雑貨も作っていらっしゃるのですが、これまたとてもカワイイ。
ダメでもともと、一緒に何か作ることができないでしょうか〜?とアプローチしてみることになりました。
初めてお会いしたバニラの方々はとっても話しやすくて、水縞の商品も気に入ってくださったようです。ああ、嬉しい・・・・。
とくに色の好みが似ていて、言葉は違えど、そんなことは軽々と超えられる共通の感覚に感動してしまいました。

春過ぎには「水縞×バニラ」の新シリーズをお見せできると思いますので、ご期待くださいませ!

091204-3.jpg


posted by 水縞 at 16:21| Comment(0) | 進行中のもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

もうすぐ登場です

ナンバーブックカバーという商品があります。
本にかぶせてパタンと閉じると、はて?何の模様だい?という変な線に見えるのですが、

090116-2.jpg

開いてみるとあら不思議(でもないか)、1〜5の数字でした。

090116-4.jpg

本棚に並べて置くと、背表紙の部分に線が無造作に横切っていて、なかなか面白いのです。

090116-3.jpg

◎◎◎はこの商品が個人的にとても好きなのですが、さらにかわいらしいニューバージョンが登場するとか!
その名も「水縞ブックカバー」です。
同じ不織布という素材を使い、水玉と縞々のブックカバーを作りました。
シンプルですがやっぱりキュートなこの模様。
早くお見せしたいです。

090116-1.jpg

色は各模様3色ずつ、2〜3月発売予定ですので、どうかお楽しみに。

「水縞」の名に恥じぬよう、水玉縞々商品を2009年は色々作りたいと思っております。
よろしくどうぞ〜。

by ◎◎◎
posted by 水縞 at 21:37| Comment(0) | 進行中のもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

タイに来ています

水縞は今タイに来ています。
今回は初めてノートパソコンを持参してきてみました。
出発前にすったもんだした無線LANの接続にバンコクでやっと成功し、嬉しいのでブログをアップしてみます!

3日前に一泊でチェンマイにも行ってきました。
「寒いらしい」という情報をバンコクに先に着いていた◎◎◎が聞き、2日遅れで来る===に「ヒートテック(ユニクロの冬のぽかぽかインナー)を持っていらして〜」と伝達。
その他、お土産やおやつなど、現地に着いてから気づいたあれこれを時間差で運搬。
旅の荷物って、これで完璧、と思ってもたいがい何かしら忘れてますよね。皆さんもそうでしょうか〜?

なんとなしに決めたチェンマイの日程だったのですが、たまたまその日はロイクラトーンというお祭りの日でした。
これがすごく良かったのです!
川にはたくさんの灯篭が流され、空には小さな気球のようなものを放ちます。
それぞれ願いを込めて気球に火を灯し、ゆっくりと空にのぼっていく姿を目で追うのですが、次々に上げられる気球は夜空いっぱいに広がり、すごくキレイ。
「星空って作れるんだね〜」と話しながらいつまでも眺めていました。
もちろん私たちも参加しました。

roic12.jpg


順番に火をつけ、熱気を充分にためてから放ちます。


roic1.jpg


普通の星よりも色がオレンジで2倍くらいの大きさに見えます。
ロマンチック〜。

偶然出会ったお祭りでしたが、忘れられない思い出になりました。
日本では防災の問題などからできないと思われる大胆なイベント、タイってやっぱり素敵だなあ。

こんなかんじですっかりエンジョイしちゃいましたが、お仕事もしております。新しい商品も見つかりなかなか充実してます。
2〜3月ころには発表予定ですので、お楽しみに〜。

SANY1471-2.jpg

たっぷりの買付の品々。明日も行ってきまーす!
posted by 水縞 at 03:55| Comment(1) | 進行中のもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

水玉 縞々

水縞という名前の由来をご存知でしょうか?(水縞ウェブをチェック!)

ふたりで名前を考えていた最初のころ、
何を候補に上げてみてもしっくりこず、
なんだか気恥ずかしくて、
ここでは上げられないようなしょうもない名前を次々と考えていました。

なるたけシンプルで、意味深でない、でも好きでいられるような、そんな名前。

私、水玉好きだなー。
私、縞々好きだなー。

この思い、自信あり!!

てなかんじで、一度候補に上がったら後はあっさりと決まりました。
そのまんま、というところが良かったみたいです。

永遠の定番「水玉」と「縞々」。
7月の展示会に向けて、「水玉縞々もの」の製作が始まりました。
私達も楽しみです。

080501.jpg

新商品のスタディ中。乞うご期待です。

by ◎◎◎







posted by 水縞 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行中のもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

LIFE社のノート

水縞で今、老舗文具メーカーLIFE社のノートデザインのお仕事をいただいています。

LIFE社のノートといえば 学生の頃にルーズリーフやリングノートに大変お世話になりました。

そのなかで今回大人向きのノートを製作されるということで光栄にも表紙デザインの依頼を賜りました。

"大学ノート"ならぬ"社会人ノート"といったところでしょうか。
中に使用されるのも高級紙で万年筆などでも とても書き心地がよいとのことです。

LIFE社の伝統と定番+新しいデザインと大人っぽさをとり入れて…試行錯誤中です…。
全国の文房具屋さんに並ぶのは冬か春くらいでしょうか。
今から楽しみです。

by〓〓〓
posted by 水縞 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行中のもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

カラーグラシン

今、水縞でカラーグラシンを使った紙袋や封筒を企画中です。
ザラザラとツルツルが混ざったような不思議な素材感で、白色のものは粉薬の袋などでよく見かけます。
このグラシン紙、カラフルなものを見つけました。
ぱっきりとした色ですが、微妙な透け感があるので重なりやしわなどによって表情が変化します。
工場探しからサンプル試作を続けていますが、色々なことが次々起こってまだまだすんなりとはいきません。ものづくりの大変なところ&お楽しみですよね。それでもじわりじわりと形になってくるようすは、他には替えがたい興奮の種なのです。そーだ、そーだ。

070822-1.jpg
カラフル〜。

070822-2.jpg
試作を作ってくれているタイの工場です。これは型抜きの機械。グラシン紙であれば数枚ずつ重ねてガチョンと抜きます。

070822-3.jpg
工場の隅に大量の型が積んでありました。木のベースに鋭い歯が飛び出してる。おそるおそる近づくと、偶然にも水縞の袋の型が!右下のものです。

早く完成品を見たくてウズウズしてますが、ここは我慢のしどころです。今日も遠いバンコクのもうもうとした空の下(の大屋根の工場の片隅で)、試作を作ってくれています。
登場をお楽しみにー。
by ◎◎◎








posted by 水縞 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行中のもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。