2010年01月06日

あけましておめでとうございます

2010年はじまりましたー。
良い年になりますように。

去年はいただきもののシンプルなカレンダーを貼っていて重宝したので、今年はとりあえず「ハンコ 万年カレンダー」と同じデザインで大きくプリントしてみました。「ハンコ 動物セット」の人気者、子牛ちゃんつき。

100106.jpg

posted by 水縞 at 09:38| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

タイ初上陸

水縞のスタッフとして働きはじめて1年半。
水縞商品の多くがタイで生産されているにも関わらず、タイに行ったことのなかった私ですが、
先日、ついに訪タイの夢を叶えることができました!
社員研修でバンコクとチェンマイを訪ねたのです。


水縞商品をどこでどのように買い付けているかを知ることが今回の目的だったのですが、
日頃行ったこともないのに連呼していた「チャトチャック」(ウィークエンドマーケット)や「サンペーン」(問屋街)の風景をしっかり目に焼き付け、名前とイメージを結びつけることが出来ました。
曖昧なイメージで、もやーんとした気持ちで「チャトチャック」とつぶやく、なんてことはもう2度とないと思います。
チャトチャックといえばあのチャトチャックがクリアーに頭に浮かぶことが大きな収穫です。

それから、水縞でも取り扱っている物達がタイの日常生活に
自然になじんでいる様子は、見ていてとても楽しかったです。

090618-2.JPG
090618-1.JPG

厚手封筒を颯爽と持ち歩く人たち。さりげなさすぎて眩しいです。
封筒の下のほうにはカラフルなテープが貼ってあります。


090618-3.jpg

水縞の展示会でも置いていたタイの将棋。
街中での対戦風景はカラフルで楽しそうです。


090618-8.JPG

船の乗船券。家族の絵が素敵です。


090618-7.JPG

そういえば豚インフルエンザにはかかりませんでした。
このトゥクトゥク(三輪自動車のタクシー)の運転手さんは黒マスクを着用。


いきなり<<ずらっとシリーズ>>

090618-12.JPG

ペプシマークがずらっと

090618-13.JPG

さらにペプシをずらっと乗せた船を発見。

090618-14.JPG

ネクタイを使用したネックレスがずらっと

090618-5.JPG

イカがずらっと(洗濯バサミで留まっています)


まだまだありますが、今日はこのへんで。

posted by 水縞 at 00:30| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

無事です

こんにちは。
前回の日記から、すっかり更新が漂ってしまいました。
タイに行ったまま帰ってこれなくなっているのでは?と心配される方もいると思いますが、水縞チームは無事に帰国し、せっせと働いています。
どうやら貨物便は再開したようで、荷物が届かないという心配はなさそうですが、まだ心配です。
旅客便の再開も早まるといいのですが、どうなるのでしょうか。。。


心配ごとはいろいろありますが、無事に日本に到着した荷物の一部は
元気を出してこんなかんじです。

081202.jpg

手前のセクシー(洋服を作る際の採寸メモ)の女性の顔があまりに小さいので、図ってみたら10頭身もありました。うーんセクシー。
書きやすい水玉、縞々のペン。かっこいい方位磁針。ちっちゃい電話帳。


まだまだ面白いものが出てくる予定です。


by △△△







posted by 水縞 at 22:57| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

京都に行ってきました

サブロの京都イベントに便乗して、◎◎◎も京都に行って参りました。

10年ぶりの京都は、とても楽しかったです。
どこにいても山が見え、鴨川が街の中心に流れ、歴史的建造物がわっさわっさあり、素敵なお店も数えきれないほどあるなんて。
いや−、良かったなあ〜〜〜。

感想はたくさんあるのですが、京都の街で出会ったちょっと愉快な風景をいくつかご紹介させてくださいまし。

081015-1-.jpg

まずはコレッ!
「京都タワー」。
レトロフューチャーなこのタワー、かなり好きです。
水色とオレンジのかわいい色の組み合わせ、大福のようなすべすべした肌。
◎◎◎が褒めちぎると、京都出身の〓〓〓がちょっともじもじしていたのがいいかんじでした。

081015-2.jpg

平安神宮近くで発見。
「和風ガソリンスタンド」。
京都の街には「和風◯◯」がいろいろあって楽しかったです。

081015-3.jpg

河井寛次郎記念館の廊下。
消防器具がこんな配置に。美。
これも河井寛次郎さんの指示なのでしょうか?

081015-4.jpg

大徳寺にて。
瓦で描かれた不思議な壁の模様。
長い壁にずうっと続く風景はきれいでした。

京都はこれから紅葉で賑わうのでしょうね〜。
良い季節になりました。

by ◎◎◎






posted by 水縞 at 19:11| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

珍アソートその1

アソート1.JPG

水縞の目玉商品、アソートペーパーバック。タイの布印刷の際に生まれる排紙を利用した紙袋です。
シンプルな縞々からかわいらしい果物柄まで、あらゆる柄で楽しませてくれる彼ら。
なかには不思議すぎてどういう気持ちで受け止めればいいか戸惑うような柄もあります。
そんな彼らを珍アソートと呼んでみることにしました(ひとりで)。


今日は第一弾ということで、目にやさしく低刺激な珍アソートを紹介します。
珍アソート.JPG

見ているだけで小学生に戻ったような気分です。

赤ちゃんのウルトラマンや、クリーミーマミのようなハート柄。
そして素朴な表情のくま。
これらの平和な柄を身につけている人がタイにいると思うと、心が温まります。

ただ気になるのは、なぜ「ますもと」かということ。

ますもとアソート.JPG

ますもとってなんですか?くまの苗字ですか?まつもとにはしないんですか?

突っ込み所満載の珍アソート。次回はおしゃれシリーズを紹介予定です。

by △△△





posted by 水縞 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

あけましておめでとうございます

2008年になりました。
昨年は水縞がはじまり、慌ただしい中あれよあれよと1年が過ぎてしまいましたが、今年はぐうっと足に力を入れて活動していきたいと思います。
とはいえ、力が入りすぎるのも考えもの、肩こり症の水縞の2人ですので、自分達のペースを上手に見つけられる大人になりたいです。

080110.jpg

恵比寿を歩いていて発見。ハトの親子のイラスト。
そーいや、実物のハトの小鳥って見た事ないな。かわいいのかしら?

by ◎◎◎

posted by 水縞 at 15:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

1周年

水縞がスタートしてから早いもので1年が経ちました。
すこしずつ全国のステキなお店に取り扱っていただける
ようになりました。
私も雑貨屋さんの店頭で見かけると感動します。

来年も水縞らしい楽しい商品をたくさん企画したいと
はりきっております。
来年もどうぞ水縞をよろしくおねがいいたします。

by〓〓〓
posted by 水縞 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

お会いできました!

先日とうとう、兼ねてからずっとお話をうかがってみたかったとある方にお会いすることができました。

・・・その方は。
斎藤一先生です。

水縞の1番最初の商品ラインナップをがっちり支えてくれていた、素敵なイラストシリーズ。ポストカードとスタンプの動物さんたちの生みの親です。

071205-2.jpg

◎◎◎がかつて書店で斎藤先生のイラスト集を見つけて以来とっぷりと惚れ込み、〓〓〓に猛烈アピール、商品化に至るという背景がありました。水縞の木のロゴマークも斎藤先生のイラストです。

シンプルながらに愛嬌たっぷりのフォルム、ものや人を見つめる目線の優しさや豊かさを感じずにはいられないこのイラストを描いている作家さんは一体どんな方なんだろう?
水縞を立ち上げた昨年の2月にお電話でお話をさせていただき、そのやわらかな語り口に緊張していた気持ちがみるみるほどけていったことを覚えています。

それ以来なかなかご挨拶に行く機会をつくれずにいたのですが、先日とうとう念願かなってのご対面を果たすことができました。
始めてお会いする斎藤先生は、私達が想像をしていたとおりのとっても素敵な方でした。
もう80歳を超えていらっしゃるとは思えないほどお元気で、ユーモアたっぷりに楽しいお話を次々にお話してくださいました。

小さなイラストに注ぎ込む、作家さんの体験やイメージ、視点や感情。
「豊かさ」がこういう形で表現されている。
水縞の商品も、モノそのものだけではなく、大小様々な背景がじんわりとにじみでるような豊かなモノにしていければいいなあ、と強く思いました。

071205-1.jpg
斎藤先生をパシャリ。埼玉県の指扇にて。

斎藤先生、本当にどうもありがとうございました。

by ◎◎◎
posted by 水縞 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

冬の足音

仕事場で「今日冬が来てたよ」と言うセンチメンタルな発言を聞きました。

朝起きて窓を開けた時に感じる空気、見上げた空の具合、街行く人々の服装、ラジオから流れる音楽。

ふっと季節の気配に包まれる瞬間ってありますよね。
だからその発言に、なるほど納得とうなづいてしまいました。

先日長野県の松本市に遊びに行ったのですが、そのときはくるくると足下を舞う落ち葉を見て「小さい秋見つけた」と喜んだばかりなのに。

もう冬。

071112.jpg

松本の翌日に訪れた新潟の十日町市にて発見。「飾りかぼちゃ」といって観賞用のかぼちゃだそうです。
これは食べられないけど、季節の楽しみに「食」は欠かせません。
冬の美味しいもの・・・。ばっちりです。

by ◎◎◎
posted by 水縞 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

馬喰町ART+EAT

先日馬喰町の問屋さんに最近オープンしたカフェ「馬喰町ART+EAT」につれていたただきました。
馬喰町周辺はゆっくりお茶や食事をするところがあまりないので「まってましたっ!」といいたくなるお店です。

洗練されたシンプルな内装。
ランチもおいしくいただきました。
ギャラリーも併設されており水谷智美さんの片口と小皿に一目ぼれして思わず購入してしまいました。

大阪堀江の家具問屋街がおしゃれな街に変わったようにこのあたりもそうなるといいねーと皆で話しておりました。

是非足をはこんでみてください。
馬喰町ART+EAT

bakuro.jpg

bakuro2.jpg

by〓〓〓
posted by 水縞 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

おじゃましました2

先日 MUCUさんのアトリエにおじゃましました。

MUCUさんの商品といえば素材にこだわった存在感のあるノート
や便箋。 使用される紙は わら半紙、梱包材、コミック誌の
紙など味のあるものばかり。
すべての商品が一本筋の通った作品達です。

そんな商品がくつられるアトリエは想像通り、すばらしい空間。
トップライトからか光が差し、壁一面には本がぎっしり。
道具一つ一つにも こだわりが感じられ
デスクまわりにかけられた道具類は実用的かつ絵になる配列。
このアトリエを含めてブランドMUCUなのだと実感です。

MUCUの商品は必ずこのアトリエを通って世に出ます。
商品のスタンプや型押しなどはひとつひとつ手作業で行われます。
手作業でのものづくりは時間もかかり大変だけれど
大量生産にはかなわない、物としての魅力があります。
MUCUのこのスタイルはけして崩れることはないとおっしゃいます。

お話を聞けば聞くほど しっかりとしたブランディングに
フムフムと感心するばかり。
水縞として 見習うべきところがたくさんありました。
水縞もいずれこんなアトリエがもてたらと大きな目標ができました。
MUCUさん貴重なお話とお時間ありがとうございました。

by〓〓〓

mucu1.jpg
mucu15.jpg
mucu13.jpg
posted by 水縞 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

おじゃましました

かねてから訪問を心待ちにしていたwool,cube,wool!さんのアトリエに遊びに行ってきました。
woolさんは女性2人のユニットで、バックやアクセサリーなどの小物のデザイン・製作をされたり、また雑誌などでもオリジナリティのある企画や表現でご活躍されております。
ご本人たちには何度もお会いしたことがあるし、作品もあちこちで拝見してきました。でも、でも、実際にそれらが生み出されているアトリエとなると、どんなふうなのかしら?とあれこれ想像がふくらんでとても楽しみにしていたわけなのです。

おうかがいしたwoolアトリエはとっても居心地がよく、あちこちにかわいらしく気になるグッズがいっぱい。今までの作品集を見せていただき、ページをめくるごとに現れるにぎやかでキュートなwoolワールドに、うっとり〜。思わず、ありがとうございます!と言いたくなるような喜ばしい体験でした。
最後に見せていただいた作業をしているというお部屋は、ミシンや様々な道具、気になる素材がわんさかとあり、まさに「生まれる場所」というかんじっ。
むむむー、素敵だー!!
この場所で日々考え、作り、また考え、そうやってあんな素敵なものを作り出しているんだなあと思うと、なんだか貴重なものを見せていただいた気持ちになりました。
ありがとうございます、woolさん。

070921.jpg
woo,cube,wool!の本。「コラージュ ソーイング」
woolさんのかわいいコラージュのコツを紹介。

by ◎◎◎





posted by 水縞 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

必須科目

先日 サブロのミニ取材で 香港 City Superステーショナリー
バイヤーのPatrick Ng さんがいらっしゃいました。

パトリックさんは流暢な英語でインタビューして
くださるのですが 私はまったく外国語がだめ。

水縞のことを聞かれたときも
「イエス ミズシマ とは え〜 プルンニー アスコ ウエキ と
ワタシ が トゥギャザー してー え〜その・・・」

案の定インタビューを聞いていたスタッフから
「ルー大柴じゃないんですから・・・」と笑われました。

今回は 日本語のわかる香港人スタッフの方もご一緒でしたが
頭の上に ???がいっぱい飛んでいたような気がします。
英単語まじりのややこしい日本語を話すなら
シンプルな日本語をはっきりとしゃべればよかったなと反省です。

いままで 店に海外のお客様がいらっしゃっても
買い付けや旅行でも いつも人任せ。
あとは身振り手振りと勢いでなんとか乗り越えてきましたが
いよいよ勉強せねばいけませんな。

どんな内容で掲載されるのかな〜。
ちゃんと伝わっているといいのですが・・・

by〓〓〓

posted by 水縞 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

東京イーストにて

今日は、西日暮里に行って来ました。
先日開催された ISOTという見本市でお知り合いになった会社への訪問が目的。
こちらの会社はファイルやバインダーの製作を主とする歴史のある会社で、その経験値、知識の深さにうなずきっぱなしの2時間でした。
水縞の新商品のご相談だったのですが、現実的な問題点や可能性を把握することができ、やっと現実味がおびてまいりました。
無事に完成にまで行きつけると良いのですが・・・。頑張ります。

水縞の活動場所は吉祥寺。ほとんどの時間をこの街で過ごしています。
でも今日は、朝の通勤ラッシュにもまれ、久しぶりに東京の東側にたどり着きました。
そこでこんな物とご対面。

070906-1.jpg
文庫本の自動販売機。西日暮里の駅のホームです。

西では出会ったことがない気がしましたが、一般的なんですか?

by ◎◎◎
posted by 水縞 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。