2011年02月03日

気軽に包む

今日は節分。年の数だけ豆を食べるのも大変になってきました。
10歳くらいまでが節分を楽しめる年齢のピークなのではないかと感じます。
つまむ程度に、おいしくいただいております。

水縞のオンラインショップでは、節分を通り越して、
バレンタインに向けて(?)ラッピング資材がじわじわと人気を集めております。
おすすめは「枠抜き厚手封筒」です。
こちらはタイで実際に使用されている封筒に、水玉と縞々柄をプリントし、宛名欄の枠を抜いたもの。
少しざらっとした素材感と、オレンジ色の地に黒のラインのコントラストが個性的です。

110203_2.JPG

写真は洋2サイズの封筒にチョコレートをがさっと入れただけのシンプルなラッピング。
1:200ハンコ」をポイントにしてみました。
気軽にさりげないラッピングを楽しみたい方にぜひ。

ちなみに中身は自由ヶ丘にあるお菓子屋さん「パティスリー パリ セヴェイユ」の「ヌガチンフリュイセック」というお菓子です。
薄いビターチョコレートにサクっとしたキャラメルがナッツとともに重なっておりまして、それはもう絶品なのであります。
この写真の撮影後、すぐに平らげられたのでした。。。。

by△△△
posted by 水縞 at 20:51| Comment(0) | 商品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。